株式会社ブリッヂ

Blog

【MEOとは?】自分でできるMEO対策と上位表示方法【ローカルSEO】

2021.11.02 Googleマイビジネス
MEOとは

最近よくMEO対策の営業があるけど、MEOってどんな効果やメリットがあるんだろう?

お金を掛けずに自分でやる方法はないのかな?

カトケン

こんなお悩みを解決する記事を書きました。

2010年にGoogleでベンダー社員として働き始め、今までに3,000件以上の室内版ストリートビューを撮影してきました。現在は株式会社ブリッヂというバーチャルツアー制作の会社を経営しています。

最近Googleマイビジネスを使うユーザーがとても増えていて、お店や会社を運営している方は検索された時に自分のマイビジネスを少しでも上位に表示させたいと思っているのではないでしょうか?

このマイビジネスを上位表示させるサービスとしてMEOというサービスが出てきて、これを有料で請け負う業者さんがすごく増えています。

ですが、業者さんに依頼した時に間違ったMEO対策をされてしまうとGoogleに嫌われて順位が下がる可能性があるのと、そもそもMEO対策は難しくない為、お金を掛けずに自分でやる事をおすすめします。

この記事では、そもそもMEOとは何かという基本の解説から、実際に自分でやるにはどうすればいいのか、どうしたら順位が上がるのかという事を詳しく解説していきます。

今回の内容を抑えてしっかりとMEO対策をして貰えればお金を掛けなくても同じくらいの効果が得られますので、ぜひ記事を見ながら実践して貰えればと思います。

動画でも解説していますので、こちらもご覧下さい。

MEOとは?

まず最初にそもそもMEOとは何なのか?という部分からお話をしていきます。理解できている方は上のもくじから必要な箇所に飛んでくださいね。

MEOとは、Google検索やGoogleマップ検索で、Googleマイビジネスを上位に表示させるための手法です。

このMEOという呼び方は日本のMEO対策業者さんが作った言葉で、Map Engine Optimizationの略称という事になっています。

HPを検索に最適化させるSEO(Search Engine Optimization)という手法がありますが、MEOはこの頭をMapにした造語で、正式な名称はローカルSEOになります。

SEOとMEO(ローカルSEO)の内容を比較するとこんな感じになります。

SEOはGoogle検索内で、HPやブログの順位を上げていくのに対し、MEO(ローカルSEO)はGoogle検索、及びGoogleマップ検索でGoogleマイビジネスの表示順位を高めていく対策という事になります。

※Googleマイビジネスについて詳しく知りたい方は、以下の記事で基本的な機能やメリットの解説をしていますのでよろしければどうぞ。

MEO対策のメリット

適切なMEO対策を行うことで、マイビジネスが検索結果の上位に表示されやすくなります。

マイビジネスはGoogleの検索結果に優先して表示されますので、その中でさらに競合他社よりも上位に表示する事が出来れば、たくさんの人に自分のビジネスをアピールする事が出来ます。

MEO対策のデメリット

短期的に順位を上げようとしてGoogleに嫌われるような間違ったMEO対策を行ってしまうと、マイビジネスの順位が下がったり削除や停止の措置を受けてしまったりする場合があります。

具体的には、必要以上の検索キーワードをマイビジネスに記載したり、ユーザーを騙すようなやらせのクチコミや点数を付ける事が該当します。

やってはいけないMEO対策については以下の記事で詳しく解説しています。

Googleに評価される為には、Googleの理念や目的を理解し、検索ユーザーにとって有益な情報を発信しなければいけません。

正しい方法で行えばMEO対策にデメリットはありませんので、ご自身でMEO対策をして貰う為にぜひ上記の記事も読んでみて下さい。

マイビジネスの順位決定のしくみ

実際の対策に入る前に、マイビジネスの表示順位がどうやって決まるのかを説明します。

Googleの公式ページに書いてあるのはこの三つです。

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み
①関連度
②距離
③知名度

この三つの評価の総合で順位が決まってきますので、順番に説明していきますね。

①関連度

これは例えばユーザーが「横浜 ラーメン」というキーワードで調べた時に、マイビジネスの説明文や投稿にそのキーワードが含まれているかで判断されます。

なので、自分のお店のお客さんになる人がどんな言葉で検索するかを考えて、それをマイビジネスの紹介文に入れる事が大切になります。

②距離

これはユーザーが場所を含めて「横浜 カフェ」で検索した場合はその場所と店の距離が近いマイビジネスが有利になり、場所を入れずに「カフェ」だけで検索した場合はスマホのGPSの位置情報から近いお店が有利になります。

結局検索する人がどこに居るかで左右されるので、マイビジネスの説明欄に「横浜のカフェ」というふうに地名を入れておく事は重要なんですが、基本的にはコントロールが難しい部分になります。

③知名度

この知名度という項目は、インターネット全般での知名度の高さや、ネットに関係なく知名度が高いビジネスが評価されるので、マイビジネスを管理、運用するだけでは評価が上がりづらいです。

・マイビジネスにお店のHPを登録する
・そのHPのSEO対策を行う
・その他のSNSで継続して発信を行う
というふうに、継続して広く情報発信をする事が必要になります。

まずはこの三つの評価を高めることで順位が上がっていくという事をざっくりと理解して貰えればOKです。

MEO対策に重要な5つのポイント

では何をすべきなのかと言うと、Googleが皆さんに求める事は全てGoogleマイビジネスの公式ヘルプページに書いてあります。

この中に「ローカル検索結果のランキングを改善する」というページがあるので、それを一緒に確認していきましょう。

・Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

マイビジネスの表示頻度を上げる為に推奨されている5つの施策を引用し、理解しやすいように重要なポイントを要約しながら順番に説明していきます。

①詳細なデータを入力

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。

重要: ビジネス情報は必ず最新の状態を保つようにしてください。

必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスの管理画面に入力して、ユーザーにビジネスの内容、所在地、営業時間が表示されるようにします。次のような情報を入力します(ただしこれらに限定されません)。

住所、電話番号、カテゴリ、属性

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E3%81%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%92%E5%85%A5%E5%8A%9B

要約
・マイビジネスの検索結果は、検索語句との関連性が高いものが表示される
・必ず入力すべき情報
 ビジネス内容、営業時間、住所、電話番号、カテゴリ、属性
・情報は常に最新の状態に保つ

マイビジネスの検索結果で上位に表示される為には、自分のお店のお客さんになる人(ユーザー)がどんなキーワードで検索するかを考え、そのキーワードをビジネス内容に入れる事が重要です。

ただし、検索されたいキーワードを何度も大量に盛り込むような記載はGoogleに歓迎されませんので注意しましょう。

ユーザーが入力すると思われるキーワードってどういう風に考えればいいの?と思う方もいると思うので、その方法についてご説明します。

例えば、Googleの検索バーに「横浜 カフェ」と入力してください。

するとGoogleのサジェスト(おすすめ)機能で、検索されている回数が多いキーワードの組み合わせがこのように表示されます。

ここに表示されている、おしゃれ、バイト、勉強、ランチ、などは、横浜のカフェを探している人が求めているプラスアルファの情報なので、この中で自分のお店にも当てはまるものがあれば是非紹介文に追加して下さい。

このように検索される可能性の高いキーワードを記入できればニーズがマッチしたお客さんにお店を見つけてもらえるようになります。

注意点としては、お店とマッチしていないキーワードを検索が多いからといって記入する事はやめましょう。

検索して来るお客さんのニーズとお店がマッチしなければ悪い口コミがつく原因にもなりますし、事実と違う内容をマイビジネスに書くとGoogleにポリシー違反としてペナルティを受ける場合もあります。

あくまでも検索するお客さんにとって便利かどうか、役に立つかどうかを考えて記入しましょう。

また、ビジネス内容だけでなく、営業時間、住所、電話番号、カテゴリ、属性といった情報はマイビジネスの評価にプラスになるので全て入力しましょう。

営業時間や商品など、情報が変わった場合はすぐに修正して最新の状態を保つ事も重要です。

②場所の確認手続き

ビジネスのオーナー確認を行うと、Google マップや Google 検索などの Google サービスで、ローカル検索結果にビジネス情報が表示される可能性が高くなります。

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%AE%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%8D


これはオーナー確認に関しての項目です。

オーナー確認をするとマイビジネスの評価にプラスに働きますし、しないとマイビジネスの編集ができないのでまず最初に行ってください。

※マイビジネスの作成、登録方法については以下の記事で詳しいく解説しています。

ここも少し掘り下げると、オーナー確認の際に住所や電話番号、HPアドレスといった基本情報を入力するのですが、これはHPや他のSNSに記載しているものと統一して下さい。

例えばこのマイビジネスが「カフェブリッヂ」だとして、HPも「カフェブリッヂ」という名前で存在していて、SNSも運用している場合、店名や住所、電話番号が全てちゃんと一致していると、このマイビジネスが他のインターネット上のビジネス情報と同じものだと認識されて、HPやSNSの評価がこのマイビジネスにも乗るようになります。

ネット上で色んな媒体で情報発信をしている場合は、基本情報は全て統一しましょう。

③営業時間の情報を正確に保つ

開店時間や閉店時間、祝祭日や特別なイベントに合わせた特別営業時間などを含む営業時間を定期的に更新しましょう。正確な営業時間が表示されていれば、顧客は営業時間を把握でき、安心して営業時間中に店舗を訪れることができるようになります。

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%AD%A3%E7%A2%BA%E3%81%AB%E4%BF%9D%E3%81%A4


せっかく来たのにお店が開いていないとなると、お客さんをがっかりさせてしまい、悪い口コミが付いてしまう原因にもなりますので、来店してくれるお客様のために、営業時間は祝日含めしっかり記載しておきましょう。

④クチコミの管理と返信を行う

ビジネスに関してユーザーが投稿したクチコミに返信しましょう。クチコミに返信することで、ユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、顧客が店舗を訪れる可能性が高くなります。

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%AE%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%81%A8%E8%BF%94%E4%BF%A1%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86


口コミがついた場合は返信し、ユーザーとコミュニケーションをとりましょう。

また、点数ももちろん大事なのですが、口コミの内容や数も重要になります。

実際にお店に来てくれたお客さんに口コミをお願いするなど、なるべくたくさん口コミがつくように工夫しましょう。

ですが、口コミを書いてくれたら割引にするなどの行為はGoogleのポリシー違反になるのでやらないようにしましょう。

ではどのように口コミを貰うかですが、マイビジネスの管理画面トップから「プロフィールを共有」のボタンをクリックすると、口コミ記入画面に飛ぶリンクを作る事が出来るので、名刺交換したお客さんやお店の顧客リストからそのリンクをメールに記載してお願いすれば常連さんなどから口コミをつけてもらい易くなります。

⑤写真を追加

ビジネスの内容を伝え、商品やサービスを紹介するには、写真をビジネス プロフィールに追加します。的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスがあることを顧客にアピールできます。

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0


写真の数は多い方が良いのですが、30枚を目標に少なくとも10枚をアップしましょう。

その際ただ数を増やすだけではなく、お客さんの目線になってお店を選ぶ時にどんな写真があったら便利かを考えて選びましょう。

例えばイタリアンレストランだったら、お店を選ぶお客さんとしては料理の写真は絶対見たいですし、スタッフさんが笑顔の写真があれば安心します。

席と席のスペースがちゃんと開いていてゆっくり出来そうかなという所も気になりますし、外観の写真があれば迷わずお店に到着できますので、その辺りを確実にアップしていきます。

お店の方のオススメポイントばかりにならないように注意するとバランスが良くなると思います。


それではおさらいをしていきます。

MEO対策に重要な5つのポイント
①詳細なデータを入力
②場所の確認手続き(オーナー登録)
③営業時間の情報を正確に保つ
④クチコミの管理と返信を行う
⑤写真を追加

①詳細なデータを入力
・マイビジネスの検索結果は、検索語句との関連性が高いものが表示される
・必ず入力すべき情報
 ビジネス内容、営業時間、住所、電話番号、カテゴリ、属性
・情報は常に最新の状態に保つ

◎ビジネス内容を記載する際の注意点
・ユーザーが入力すると思われるキーワードを説明に含める
 その際、自分のお店にちゃんとあてはまる内容を厳選する
・長くなりすぎたり、繰り返しにならないように気をつける

②場所の確認手続き(オーナー登録)
・基本情報はHPや他のSNSで使用している内容と統一する。

③営業時間の情報を正確に保つ
・常に最新の営業時間を表示する
・祝祭日などイレギュラーな内容も入力しておく

④クチコミの管理と返信を行う
・口コミがついたら返信する
・来店して下さったお客様に口コミを書いて貰えるよう依頼する

⑤写真を追加
・ユーザー側の視点で、求められる写真を考えて掲載する

ここまでがGoogleの公式ページでオススメされているMEOのやり方です。今紹介したものは全て重要ですので確実に行いましょう。

その他にもマイビジネスの管理画面で追加出来る項目があり、効果の大小はあるのですが基本的に編集できる内容で自分のお店に当てはまるものは全てやったほうが良いです。

MEO対策を踏まえたマイビジネスの実際の編集方法については以下の記事で詳しく解説しています。

記事の更新はツイッターでお知らせしていますので、この記事が役に立ったと感じてもらえたらフォローして頂けたら嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。それではまた!

投稿者プロフィール

カトケン
カトケン
2010年からGoogleでベンダー社員として働き始め、ストリートビュー専門のカメラマンとして、今までに3,000件以上の室内版ストリートビューを撮影してきました。現在は株式会社ブリッヂというVR映像制作の会社を経営しています。
2021.11.02 Googleマイビジネス

ブログ記事一覧へ戻る